「他球団に笑われている」阪急阪神ホールディングス株主総会で阪神ドラフト戦略に批判

 阪神タイガースの親会社、阪急阪神ホールディングス(HD)の株主総会が、13日、大阪市内の梅田芸術劇場で開かれた。今季は矢野監督が就任し、首位広島に1・5差と、好調だが、ドラフト戦略について厳しい意見が出た。

 東京から始発の新幹線に乗ってきたという男性株主は「阪神が50年で3回しか優勝できていないのにはドラフト戦略に問題がある。2位、3位の指名が下手。即戦力を取らず!秘密兵器として取って秘密のままに終わっている。他球団に笑われている。回転寿司でいえは、大トロやウニの皿が流れてきているのに、タコやイカの皿ばかり持っていっている」などと発言。会場内から拍手も起こった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ