本塁打ゼロの阪神・糸原、植田に先を越されて苦笑い

 阪神・糸原が12日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で2点差に迫られた七回1死三塁から右中間へ適時三塁打を放った。その後、原口の右前打で6点目のホームも踏んだ。「三塁打は追加点だったので大きかったですね」。

 ただ、その後は八回の植田の1号本塁打に対するコメントばかり。「いい本塁打でしたよね。本塁打数では抜かれてしまいましたから」。自身はいまだゼロ。一歩先を越されて苦笑いだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ