サニブラウン、追い風参考で9秒96 ネット「山ちゃんに続け!!」

 陸上の全米大学選手権が5日、テキサス州オースティンで行われ、男子100メートル準決勝で日本のサニブラウン・ハキーム(20)が追い風2・4メートルの参考記録で9秒96をマークした。参考記録ながらも日本記録9秒98を上回るタイムをたたき出したサニブラウンの快走はネットでも大きな話題になっている。

 リアルタイム検索では「サニブラウン」が一時トップに立ち、ツイッターでもトレンド入りするなど、ネットは大盛況。SNSには「追い風参考だけど!興奮したわ」「追い風参考記録とは言え、いいタイム」「まだまだ伸びそうですね」「これは期待できる」などのコメントが並んだ。

 一方、いかにもネットらしい切り口で競馬ファンがこのニュースで盛り上がった。その“字面”から、1997年の日本ダービーを逃げ切ったサニーブライアンを連想するユーザーが続出し、ツイッターには「『サニブラウン』のニュースが入るたび競馬の馬の名前だとずっと思ってた」「サニブラウンのニュースを見るたびにサニーブライアンを思い出すよなあ」「サニブラウンって競走馬かと思った あれはサニーブライアンか」「サニブラウンとサニーブライアン3歳はどっちが速いですか」などの投稿が集まった。

 また日本中を驚かせた5日の南海キャンディーズ・山里亮太(42)と女優の蒼井優(33)の結婚を引き合いに出し、「これは…!!歴史が塗り替えられる瞬間が来るよ!!山ちゃんに続け!!」なるツイートも見受けられた。

 サニブラウンは5月11日に100メートルで日本人2人目の9秒台となる9秒99をマーク。桐生祥秀(23)が持つ日本記録9秒98に迫っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ