ヤクルト・高梨、古巣日本ハム戦に登板へ 上沢との投げ合いにネット「胸アツ」「粋」

 プロ野球は4日から日本生命セ・パ交流戦が開幕する。3日には予告先発が発表されたが、日本ハム・上沢直之投手(25)とヤクルト・高梨裕稔投手(27)の投げ合いがネットでも注目されてる。

 ヤクルトは、2日のDeNA戦(横浜スタジアム)で連敗を「16」でストップし、悪い流れを断ち切った。昨季もリーグ最下位で交流戦を迎えたが、12勝6敗で最高勝率に輝いている。

 その初戦を任されることとなった高梨は、昨シーズンオフに太田賢吾内野手(22)とともに日本ハムからトレード移籍。今季は8試合に先発登板し4勝4敗、防御率5.79でローテーションの一角を担っている。

 古巣との初戦に登板することが発表され、日本ハムファンからは「上沢VS高梨は胸アツすぎ」「上沢高梨とか粋」と、札幌ドーム“帰還”を喜ぶ声が多く上がった。一方、ヤクルトファンからは、投げ合いを楽しみにする声とともに「日ハム相手に高梨先発か!恩返しに完封したれ!」と高梨を鼓舞する投稿も。

 他球団のファンからも「上沢高梨とか熱すぎだろ!!」などのツイートがあり、この2投手の投げ合いを楽しみにしているプロ野球ファンも多そうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ