トランプ氏の千秋楽観戦 相撲協会は異例の厳戒態勢

 トランプ米大統領が26日に両国国技館で行われる大相撲夏場所千秋楽を観戦するのを前に、日本相撲協会は異例の厳戒態勢に向けて準備に奔走。令和最初の本場所は、かつてない土俵外の慌ただしさで、運命の千秋楽が近づいている。

 トランプ氏は升席にいすを設置して座り、取組が終わった後には土俵上での表彰式に登場して幕内優勝力士に「米国大統領杯」を授与する予定。協会関係者は「(政府などから)どんな要求があるかも分からない」と疲労を隠してかけずり回っている。

 協会は4月6日に前売り券の販売を始めたが、警備スペースの理由から、トランプ氏の着席が想定される周辺の席を協会側で相当数、押さえた。セキュリティー上警戒が必要な席の購入者には、名前や住所、連絡先などを提出するよう前代未聞の要請。理由は「要人観覧のため」だけとした。政府などから情報管理の徹底を求められ、協会には緊張感が渦巻いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ