紀平梨花、新SP披露 黒の衣装で軽快に舞う

 フィギュアスケート女子で世界選手権4位の紀平梨花(16)=関大KFSC=が24日、千葉市の幕張メッセで開演したアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演し、19-20シーズンで使用する新たなショートプログラム(SP)「Breakfast in Baghdad」を披露した。

 新たな演目について、「私がやりたいものより、始めは難しいような曲、苦手な曲を選んでいきたい」と話していた紀平。SPはシェイリン・ボーン氏が振り付けを手がけたリズミカルなナンバーで、黒の衣装を身にまとって舞った。

 冒頭のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)は決めたが、続く3回転ルッツは着氷が乱れ、最後の3回転フリップは転倒した。

 4回転ジャンプ投入を目指すフリーも新しくすることを明かしており、トム・ディクソン氏が振り付ける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ