横綱鶴竜「大きなけがじゃないと…」 休場の貴景勝に

 大相撲の新大関貴景勝が右膝を痛めて休場が決まった夏場所5日目の16日、角界関係者からは心配やエールなどさまざまな声が上がった。

 今場所は一人横綱で臨んでいる鶴竜は東京都墨田区の井筒部屋での朝稽古後、報道陣から休場を知らされ「えっ」と驚き、「大きいけがじゃないといい」と案じた。自身もけがに悩まされてきただけに「休場する悔しさは嫌というほど知っている。気持ちが大事。もう一回、自分をつくり直して、勉強する機会だと前向きに思うしかない」と助言を口にした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ