G坂本の開幕連続出塁「36」でストップ ネット「残念」「やっぱ阪神5月強ないか?」

 プロ野球・巨人の坂本勇人内野手(30)が14日の対阪神戦で5打数無安打に終わり、開幕からの連続試合出塁記録が「36」でストップした。この日、三直、三振、投ゴロ、三振と4打席目まで出塁できなかった坂本。九回の最終打席でも二飛に倒れ、ついに記録が途切れた。ネットでもこれが大きな話題となり、「坂本の記録」「坂本の連続出塁記録」がツイッターのトレンドに入った。

 ツイッターには「坂本の記録止まっちゃいましたね 残念」「坂本は偉大だからすぐ切り替えて新たな気持ちで望んでくれるでしょう」(原文ママ)など、記録が止まったことを悲しむファンの投稿が殺到。また「記録途絶えたのは悲しいけど何がすごいって出塁なら四球でいいはずやのに最終打席まで打ちにいった所に感動してる。しかも初球から。あくまで勝利のため」と坂本の姿勢を絶賛する投稿も見られた。日本記録は36年前に元西武のスティーブ・オンティベロス氏(67)がマークした「40」。ツイッターには「坂本の記録のおかげでスティーブの名前を見れて懐かしい」といったユニークな投稿もあった。

 一方、坂本の記録を止めたうえ、昨季から1分けをはさんで9連敗中だった巨人を相手に逆転勝利を収めた阪神。ファンはツイッター上で「坂本の記録をストップさせた投手陣に拍手」「坂本の記録を止めたのが阪神やっぱ阪神5月強ないか?」「やっと巨人に今季初勝利できました。中継ぎ勝負に持ち込むとやはり強いです」「金本さんと長嶋さんの連続出塁記録を止めたのも実は阪神なんだって 阪神タイガース ここぞという時に、しっかり持ってるじゃない」などと喜びを爆発させた。

 ちなみに連続出塁のプロ野球記録はオリックス時代のイチロー氏(45)が1994年に記録した「69」。ネットでは「まだ30以上あるのか…」「やっぱりイチローは別格」「異次元の数字だな」などの驚きの声があがっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ