清宮、2軍戦で実戦復帰 「不安ない」と明るい表情

 右手首付近の骨折で戦列を離れていた日本ハムの清宮幸太郎内野手が14日、イースタン・リーグのロッテ戦(鎌ケ谷)で実戦に復帰した。2打数無安打に終わったが「楽しかった。不安なく(バットを)振れる」と明るい表情で話した。

 清宮は「3番・指名打者」で出場し、一回の第1打席は三邪飛、四回の第2打席は捕邪飛に終わって試合途中で退いた。「試合勘とか投手との間合いが、まだ不慣れな部分がある。そこを詰めていければ」と今後の課題を挙げた。

 3月初旬のオープン戦の打席でファウルを打った際に負傷して手術を受け、千葉県鎌ケ谷市の球団施設でリハビリを行っていた。荒木大輔2軍監督は1軍昇格のめどについて「(2軍での)打席数は関係ない。タイミングがしっかり取れて、投手の球に反応できるようになれば」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ