フィギュア坂本花織と三原舞依、甲子園に登場

 フィギュアスケート女子の坂本花織と三原舞依(ともにシスメックス)が11日、甲子園球場で行われた阪神-中日戦の試合前のセレモニーに登場した。

 ともに地元の兵庫県出身の2人は、グラウンド上で同時に2回転のジャンプを披露してから投球。三原の球はワンバウンド、坂本はノーバウンドで捕手のミットに納まった。

 来季を見据え、12日からイタリアで新プログラムの習得に取り組む坂本は「昨季は悔しい思いをしたので、来季は試合でしっかり笑顔で終われるように頑張る」。

 国内で練習する予定の三原は「来季の大きな目標は世界選手権への出場。それまで試合の一つ一つを大切に過ごせる1年にしたい」と抱負を語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ