大坂敗退、世界1位陥落も 錦織も苦杯

 テニスのマドリード・オープンは9日、マドリードで行われ、女子シングルス準々決勝で第1シードの大坂なおみ(日清食品)は世界ランキング18位のベリンダ・ベンチッチ(スイス)に6-3、2-6、5-7で敗れた。女子ツアーを統括するWTAによると、4強入りしたシモナ・ハレプ(ルーマニア)が優勝すれば、大坂が世界1位から陥落して入れ替わる。

 男子シングルス3回戦で第6シードの錦織圭(日清食品)は四大大会3勝で世界34位のスタン・バブリンカ(スイス)に3-6、6-7で敗れた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ