「日本人メジャー投手はこんなもん」張本勲氏の“核心発言” 大谷の故障も“予言”

【江尻良文の快説・怪説】

 評論家の張本勲氏(78)が、日本人メジャーリーガーの厳しい現実の核心を突いた。5日のTBSテレビ系「サンデーモーニング」で、「アメリカの選手は日本のピッチャーにちょっと慣れてきたね」「一時はフォークボールを打てなかったんですよ。アメリカの投手は投げないから」「今はもう打つようになりましたから。こんなもんだと思いますよ。大きな活躍はできないと思います」。

 野茂英雄投手が「肩やヒジに負担がかかる」としてメジャーでは敬遠される落差の大きなフォークボールで活躍。以来、日本人投手はフォークで高い評価を受けてきた。

 だが、今季は、ヤンキース・田中将大、カブス・ダルビッシュ有、ドジャース・前田健太とそろって精彩を欠いている。

 エンゼルス・大谷翔平についても「二刀流は無理。故障する」と予言していただけに、球界は張本氏の発言に耳を傾けた方がいい。(江尻良文)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ