西武、星2軍育成コーチと育成選手契約 ネット「こんなこともあるんやねぇ」

 プロ野球・西武が7日、星孝典2軍育成コーチ(37)と育成選手契約を結んだと発表した。球団によると、コンディション不良による2軍の一時的な捕手不足に対応するためで、星の背番号は81から181に変更される。珍しい今回の措置にネットがザワつき、リアルタイム検索で「星孝典」が上位にランクイン。さらに「星孝典2軍育成コーチと育成選手契約」「ファームの捕手不足」がツイッターのトレンド入りを果たした。

 SNSでは驚きの声があがり、「現役復帰まじか」「今日イチ驚いた!」「こんなこともあるんやねぇ」「トレンド入りしてて驚いた」といった投稿があった。

 一方、今回の措置を好意的にとらえる声も多数。「今のファームの捕手だったらまだ星孝典の方が良い仕事しそう」「怪我しないように頑張って下さい!」「まだ37歳だからいいね」「星孝典復活!!一軍でも見たい!!」などのツイートも確認できた。

 星は04年のドラフト会議で巨人から6巡目で指名され球界入り。11年に西武へ金銭トレードされ、16年オフに現役を引退。17年から同コーチを務めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ