“令和1号”は巨人・坂本 ネット「そういうのが似合う選手だよね」

 プロ野球・巨人の坂本勇人内野手(30)が1日、東京ドームで行われた対中日戦で「プロ野球令和1号」を放った。ツイッターでは「坂本勇人」がトレンド入りを果たしたほか、リアルタイム検索でも一時トップに立つなど、ネットで大きな話題となった。

 坂本は二回裏の攻撃で一死走者なしの場面で打席に立ち、中日の先発、山井大介投手(40)が投じた初球を左翼スタンドへと放り込んだ。今季8号のソロアーチが記念すべき“令和1号”となった。

 SNSには「さすが持ってる」「スター性があるよな~」「そういうのが似合う選手だよね」「やっぱりスーパースターだな…」「やはり坂本勇人は役者だった」などのコメントがズラリ。

 また“平成1号”が1989年4月8日の開幕戦(対ヤクルト)で原辰徳監督(60)が放ったことも話題に。ツイッターには「原辰徳→坂本勇人という綺麗な並び」「また巨人の選手か~」「平成最初のホームランが現巨人軍監督の原辰徳で令和最初のホームランが現巨人軍キャプテンの坂本勇人とか激アツだな!!」「坂本勇人選手が今季第8号となるホームランが令和第1号!原監督が現役背番号8で、平成1号。単なる数字の偶然?」などの投稿も見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ