羽生、4回転半習得へ「武器を付け加えないといけない義務感」 一問一答

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が20日、これまでの功績をたたえられて地元の仙台市に設置されるモニュメントのデザイン発表式に出席し、前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)への思いを語った。

 主な一問一答は以下の通り。

 --平成で伝説を作った。令和では

 「やはり4回転半に挑戦したい気持ちはすごく強い。まだ跳んだわけではないから、強いことは言えないけど、これから戦うにあたり、武器となる何かを付け加えていかないといけない義務感がある。武器を改めて作って、令和に向けて頑張っていきたい」

 --モニュメントへの思いは

 「滑っている瞬間が一番、羽生結弦になれている。滑った瞬間が切り取られてデザインとして残るのはうれしい。ソチから平昌に向けて、ブレードの色が変わった。そういう細かいところも繊細に作られている。細かいところも見て頂けたら」

 --夢は

 「1年前までは4回転半ジャンプだった。今は夢じゃなくて、しっかり習得してマスターしたい。具体的な、挑戦するべきものに思える。4回転半を初めて公式試合できれいに決める人になりたいというのが今の夢」

 --ファンとは

 「辛いことも、うれしいことも、もしかしたら自分よりも辛くなってくれたり、喜んでくれていたりする。一言でいうと自分のスケートの源」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ