ロッテ・岩下、シャキッと鷹封じ1勝!投手陣ノってきた19イニング0封

 (パ・リーグ、ロッテ1-0ソフトバンク、5回戦、ロッテ4勝1敗、17日、ゾゾマリン)強力ソフトバンク打線を、力で封じ込めた。ロッテ・岩下大輝投手(22)が先発し、6回を1安打無失点。今季初勝利を挙げた。

 「最高です。まだ最後まで投げられる投手じゃないので、いけるところまでいくつもりだった」

 昨季プロ初勝利を挙げた5年目の右腕は「不器用なので。強気に、パワープレー」が信条だ。二回までに42球を要したが、吉井投手コーチから変化球が多くなっていると指摘を受け、修正。「僕には真っすぐしかない」と原点に戻り、最後まで押し込んだ。

 前日16日はエース涌井が完封勝利。「お手本のような投球。タイプは違うけど、エース格になるためにはああいう投球をしないといけない」と学んだ。快投を演じた22歳に、井口監督も「次は中6日になるのでイニングも増やして、最終的には昨日の涌井のような投球をしてくれたら」とさらなる期待を込めた。

 2週連続の中5日もなんのその。若武者は寒空の中、半袖で熱投した。魂を引き継いだ3投手は冷静に零封リレーを完成させ、鷹打線相手に2戦合計18回を無失点。14日の日本ハム戦と合わせてチームは19イニング連続無失点を継続中だ。

 まだ6勝10敗で最下位だが、4連敗で戻った本拠地で連勝。ソフトバンクには、2カード連続の勝ち越しを決めた。一時は6点台まで悪化したチーム防御率も、4点台まで改善。エースの完封から流れに乗った投手力で、今季初の3連勝を狙う。 (浜浦日向)

 ◆2安打を放ち、捕手としても好リードのロッテ・吉田 「岩下に勝ちを付けられてよかった。点が取れたら楽だけど、1-0は捕手として理想的な試合」

■岩下 大輝(いわした・だいき)

 1996(平成8)年10月2日生まれ、22歳。石川県出身。星稜高1年秋からエースとして活躍し、2度甲子園に出場。2015年ドラフト3位でロッテ入団。昨年10月5日の楽天戦にプロ初先発で勝利。今季成績は3試合に登板し、1勝0敗、防御率1.80。通算成績は21試合に登板し、2勝3敗、防御率3.54(17日現在)。181センチ、80キロ。右投げ右打ち。独身。年俸1000万円。背番号46。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ