22年カタールW杯、共催案浮上でアジア枠が削られる事態も!?

 サッカーW杯は次回の2022年カタール大会から、出場国が従来の32から48、アジア枠も4・5から8・5に増える見込みだが、そうなれば日本の本戦出場は堅いかといえば、「そんな簡単な話ではない」(日本協会幹部)という。

 出場国が増えれば、試合数もこれまでの64試合から80試合に増えるわけで、カタールだけでまかなうのは困難になる。そこで国際サッカー連盟(FIFA)は周辺国との共催を模索していると報じられている。隣国のサウジアラビアなどアラブ諸国はカタールと国交断絶中で、中立の立場のクウェート、オマーンなどとの共催が想定されている。

 数カ国による共催であっても、開催国の代表はぞれぞれ「開催国枠」による本戦出場を要求するはず。これが認められば、その分アジア枠が削られ、増加分は消えてなくなりかねない。

 そうでなくとも、日本代表が2月1日のアジア杯決勝でカタールに1-3と完敗を喫し、相手に初優勝を献上するなど、「中東の実力アップが顕著」(協会幹部)との危機感が高まっている。

 日本代表の森保一監督(50)は16日にU-20日本代表合宿を視察。6月にキリンチャレンジ杯2試合と南米選手権(ブラジル)をこなすと、9月のW杯カタール大会アジア予選開幕はもう目の前だ。

 まずは単独開催かそれとも共催か…日本代表の命運にも関わるポイントといえる。(編集委員・久保武司)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ