西武のルーキー2人が病院訪問、牧野「元気を与えることができたかなと思います」

 西武のドラフト5位・牧野翔矢捕手(18)=遊学館高、育成ドラフト2位・大窪士夢投手(18)=北海高=が15日、埼玉・所沢市の西埼玉中央病院を訪問。同病院に入院している患者と家族、約40人と握手や記念撮影で交流した。

 以下、両選手のコメント。

 牧野「こうした活動は今日が初めてでしたが、入院している方やスタッフの方から『がんばって』など応援をいただき元気をもらえましたし、みなさんにも元気を与えることができたかなと思います。しっかり身体づくりや経験をつんで一軍に行きたいと改めて思いました」

 大窪「今日お会いした方々にすごく応援をしていただけたので、自分がもっと努力をしてみなさんに勇気を与えられるようになりたいです。赤ちゃんがとてもかわいらしくて僕も元気をもらえたので、1日でも早く上がれるように明日からも練習をがんばっていきます」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ