阪神・岩貞、5回13安打6失点で降板

 阪神・岩貞祐太投手(27)が13日の中日戦(甲子園)に先発し、5回13安打6失点で降板した。

 一回2死一塁でビシエドに左中間への適時二塁打を浴びて先制を許すと、二回2死一、二塁では京田の右前適時打で2点目を失った。極めつけは四回。先頭の大島から3連打で無死満塁のピンチを背負い、京田に右翼席へ満塁弾を浴びてしまった。

 前日12日には竜打線について「上位で出塁させてかえすという打線だからこそ、下位を抑えて丁寧に投げていきたい」と分析していた左腕。しかしこの日は7、8、9番に計7安打を浴び、苦しい投球となった。

 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ