ハリル氏急転、訴訟取り下げ 「過去を引きずらず、前に進む」

 サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ元監督(66)が10日、日本協会に対して起こしていた訴訟を取り下げた。昨年4月の解任に伴う記者会見で協会側に名誉を傷つけられたとして、慰謝料1円と新聞などでの謝罪広告を求めていた。

 ハリル氏は東京地裁の和解案を受け入れずに争う姿勢を示していたが、この日「過去を引きずらず、前に進む。争いは終わりにしたい」と急転。現在はフランス1部リーグのナントで監督を務めている。

 日本協会の田嶋幸三会長(61)は「弁護士から連絡を受けた。一方的な取り下げで和解金などはない。裁判が終了してよかった。W杯の予選突破は彼の実績。感謝している」と話した。(久保武司)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ