大船渡・佐々木が自己最速163キロ、大谷翔平超えの高校最速

 今夏に韓国で開催される、U18W杯に出場する高校日本代表の1次候補選手による国際大会対策合宿の2日目が6日、奈良県内で行われた。

 午後からの実戦形式で行われた練習では、大船渡(岩手)の157キロ右腕、佐々木朗希投手(3年)が先発登板し、自己最速を6キロ更新する163キロの投球を披露した。 一回に3者三振のスタートを切った佐々木は、2番打者だった横浜(神奈川)内海貴斗内野手(3年)の3球目、ネット裏で視察したプロ球団スカウトのスピードガンで163キロを記録。花巻東(岩手)の大谷翔平(現エンゼルス)が高3時の夏の岩手大会で記録した高校最速の160キロを上回り、高校最速となった。

 結局佐々木は2回を投げ、6連続三振。全25球中3球で160キロを超えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ