大谷「今の段階ではいい」 屋外でのフリー打撃再開に

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が4日、シーズン開幕後初めて報道対応し、昨秋の右肘手術を経て3月27日に再開した屋外でのフリー打撃について「打っている感じは昨年と変わらない。今の段階ではむしろいい」と順調な調整ぶりを語った。

 この日も屋外で25本のフリー打撃をこなしたという。今後は医師の検査を受けてから、マイナー戦に出場するかなどの具体的な方針が決まる見込み。5月に見込まれる復帰には「今すぐに打てと言われたらなかなか厳しいが、次のステップに向けて準備はできている」と、投手の生きた球を打つ段階を見据えた。

 新元号が「令和」に決まったことを聞かれると、「おしゃれだなと思った。何となく雰囲気が」と感想を口にした。本拠地開幕戦での選手紹介ではひときわ大きな歓声を浴びた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ