川内優輝「2人で挑戦」 婚約者の水口さんと初のツーショット/陸上

 4月からプロランナーに転向した陸上男子マラソンの川内優輝(32)が3日、あいおいニッセイ同和損害保険との所属契約締結会見を東京都内で行い、激励に駆けつけた婚約者で元デンソー陸上長距離部の水口侑子さん(33)の前で「百戦錬磨のプロランナー川内と言ってもらいたい」と意気込んだ。

 サプライズゲストとして登場した水口さんは「何でも相談してほしい。一緒に解決していきたい。多くの人から愛されるランナーになれるよう、応援していきます」とサポートを約束。照れ笑いを浮かべた川内は「いい人すぎるコメントでうれしかった。2人で日本中、世界中の大会に挑戦していけたら」と決意を新たにした。5月に婚姻届を提出し、挙式することが決まって以降、公の場で初のツーショットとなった。

 所属先と新たな試みを考えている。競技の普及や地域活性化を目的とした「マラソンキャラバン」だ。3月末に埼玉県庁を退職するまでの10年間、公務員ランナーとして活躍した川内が全国行脚してレースに参戦し、講演会やランニング教室も行う計画を練る。 地域密着を掲げる同社は240の全国自治体と連携協定を結んでおり、福島や宮城などのマラソン大会に特別協賛として関わる。「『マラソンキャラバン』はプロとしてやりたいこと。親和性が強かった。ビビッとくるフレーズだった。理想のプロは日本にいない。ならば道を切り開けばいい」と川内。座右の銘とする「現状打破」を胸に、チャレンジを続ける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ