阪神D3・木浪、開幕から11打席快音なし 五回の好機で交代

 (セ・リーグ、阪神1-2ヤクルト、3回戦、阪神2勝1敗、31日、京セラ)阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(ホンダ)が31日のヤクルト戦(京セラ)で3試合連続で「1番・遊撃」で出場も、五回2死二塁の好機で代打・鳥谷を送られて交代となった。

 オープン戦最多の22安打をマークしながら、開幕から11打席快音なし。悔しいか? との問いに「そうですね」。守備では一回無死一塁、青木の打球をはじいてしまい、遊ゴロ併殺を完成させられなかった。「あれがゲッツーだったら無失点だったかもしれない。反省します」。全てのプレーを、自身の糧へと変えていく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ