エース登板せず 昨秋の明治神宮大会Vの札幌大谷敗戦

 昨秋の明治神宮大会王者の札幌大谷はエースの西原が3月中旬の練習試合で右肩炎症を訴え、初戦も含めて登板することなく姿を消した。「治ってはいるけれど、調整できていない。夏に向けてピッチングの能力を上げたい」と悔やんだ。

 投手陣の柱が離脱しても阿部、太田の継投で明豊打線を2点に抑え、船尾監督は「よく辛抱してくれた」とねぎらった。ただ、打線が1点しか奪えず「切れのある球に対応できなかった。(夏に向け)スイング力を付けていきたい」と課題に挙げた。「5番・一塁手」で出場し、四回1死満塁で浅い右飛に倒れた西原は「自分の力不足」と唇をかんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ