甲子園初白星の札幌大谷 背番号17の太田が堂々完投

 背番号17が札幌大谷に甲子園初白星を運んだ。先発した右横手投げの太田が1失点完投。6四死球と球は荒れたが、「初戦はどうしても勝ちたかった。内野ゴロを多く取れたのが良かった」。タイミングを外す投球術で要所を締めた。

 昨秋の明治神宮大会で初優勝。全国で戦えるチームになったのは、エース西原との二枚看板が武器になったからだ。本格派の西原に対し、太田は技巧派。船尾監督は「両サイドのコーナーを突けるので、相手が対応できないのではないかと思った」。太田はピンチでも強く腕を振って、期待に応えた。

 一塁の守備に就いた西原は「多少悔しさはあった」というが、「任せたぞ」と太田を送り出し、ファウルフライを好捕するなど守備でもり立てた。

 大会前から投手の球数制限問題が取り沙汰される中、先発2人を擁するチームの利は大きい。春夏通じて初の甲子園で好スタートを切り、「歴史的な1勝」と指揮官。自慢の投手力で神宮大会の快進撃の再現を目指す。(丸山和郎)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ