森保ジャパン、コロンビアに敗戦 香川は途中出場 サッカー日本代表

 サッカー日本代表は22日、キリンチャレンジ杯(日産ス)でコロンビアに0-1で敗れた。

 スコアレスで前半を折り返した後半18分、コロンビアのFWサパタが放ったシュートをDF冨安がペナルティーエリア内でブロックしようとした際に左腕に当ててしまいPKを献上。それを同19分にFWファルカオに決められ先制を許した。

 先手を取られた日本は同20分に昨年のW杯ロシア大会以来約9カ月ぶりの代表復帰となったMF香川真司(30)=ベシクタシュ=を途中出場させて同点を狙ったが実らず。昨年6月のW杯1次リーグ、ポーランド戦(0-1●)以来、森保ジャパンでは初めての無得点で敗戦となった。

 次戦は26日にノエビアスタジアム神戸でボリビアと対戦する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ