大谷起用法に二刀流新ルール影響なし エンゼルス監督

 米大リーグ、エンゼルスのブラッド・オースマス監督は14日、2020年から投打の「二刀流」選手として登録するなどしないと野手が登板できない新ルール導入が決まったことを受け、同年に右肘手術からの二刀流復活を目指す大谷翔平の起用法には影響がないとした。キャンプ地のアリゾナ州テンピで取材に応じ、「(開幕時は)投手として登録するし、投手が打ってはいけないとは明記されていない」と理由を挙げた。

 二刀流選手登録は前年かその年に投手で20回以上を投げ、野手では20試合以上に先発出場していることが条件となる。大谷は今季、打者に専念するため、来季開幕時には条件を満たせない。監督は大谷が来季、20回以上を投げた後に二刀流登録に変えることを前提に「(開幕後)数週間だけで大きな問題ではない」と述べた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ