巨人がソフトバンク戦で2ランスクイズ 二走・マルティネスが一瞬の隙を突く

 巨人は14日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクドーム)で2ランスクイズを決めた。2-0の八回一死二、三塁で小林がスクイズを投前に転がすと、まずは三走・ゲレーロがホームイン。さらに二走・マルティネスも好判断で生還した。

 前進守備のシフトをしいていた二塁手が一塁ベースカバーに入るのが遅くなったことで、打球を処理した投手・川原が一塁に投げるのがわずかに遅れた。一瞬の隙を突いたマルティネスは「アグレッシブに次の塁を狙った結果」とうれしそうだった。

 昨夏の甲子園・準々決勝で、金足農高(秋田)がサヨナラ2ランスクイズを決めたことが記憶に新しいが、プロでは異例のこと。試合は4-3で勝ったが、スクイズの2点目がなければ引き分けに終わっていた。三塁ベースコーチを務める元木内野守備兼打撃コーチは「マルティネスがスピードに乗っていて、本人が行く気だった」と好走塁をたたえていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ