巨人・丸がソフトバンク・千賀の完全投球をストップ 七回に快足を飛ばし内野安打

 巨人・丸佳浩外野手(29)が14日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクドーム)で千賀の完全投球をストップさせた。スタンドが“快挙”を意識し始めた七回2死。カウント2-2から内角低めの154キロ直球にバットを合わせると、遊撃へのハーフライナーに。広島時代の2013年に29盗塁で盗塁王を獲得した快足を飛ばし、内野安打をもぎ取った。

 それまで20人連続アウトが続いていたチームに初安打をもたらし、「一級品の投手は1打席に1スイングできるかどうか。甘い球をしっかりとらえられるようにしないといけない」とうなずいた。直後に代走を送られたFA戦士はこの日、3打数1安打で打率を・308に上げた。開幕へ向け順調な調整が続いている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ