大谷のティー打撃数増加 30球の打ち込み

 右肘の手術を経たエンゼルスの大谷が、ティー打撃の量を増やしている。ボールを使った練習を再開した22日に20球、その後は2日続けて25球で、この日は5球ずつ6セット、計30球を打ち込んだ。15本の素振りやウエートトレーニングにも取り組んだ。

 オープン戦は観戦し、同僚選手の本塁打に右手でガッツポーズをつくって喜んだ。オースマス監督は試合前に「何かを学ぶよりも、チームメートとの交流が大事」と試合観戦の意義を説明していた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ