大谷翔平、ティー打撃再開 右肘手術後初めて

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(24)が22日、アリゾナ州テンピで昨年10月に右肘の靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けて以来初めてティー打撃を再開し、復帰へ向けて新たなステップを踏み出した。

 今季は打者に専念する大谷選手は非公開で、置いた球を打つティー打撃を約15分間で5球ずつ4セットこなした。5日連続となる素振りは35スイングほど行い、その後はウエートトレーニングで調整した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ