二刀流のニューカム氏死去、中日にも所属

 米大リーグで初代サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)に輝くなど通算149勝を挙げ、打者でも活躍した元ドジャースのドン・ニューカム氏が長い闘病の末に死去したと19日、球団が発表した。92歳だった。

 黒人リーグでのプレーを経て、1949年にニューヨーク市ブルックリンが本拠地だったドジャースに入団。17勝8敗でナ・リーグ最優秀新人に選ばれた。56年には27勝7敗でサイ・ヤング賞と最優秀選手賞をダブル受賞。代打でも頻繁に起用される投打の「二刀流」で、メジャー10年間の打者での通算成績は打率2割7分1厘、15本塁打、108打点だった。62年にはプロ野球中日に所属し、打者として12本塁打をマークした。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ