大谷翔平「それなりに振れている」 順調な経過を報告

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)が17日(日本時間18日)、キャンプ施設内で日米のメディアに取材対応した。右肘のトミー・ジョン(靱帯再建)手術から、リハビリ過程だが、ティー打撃の再開を今週に見込んでいる。

 「ある程度の中で来週、ティー打撃ができたらいい。(今週中に)できれば、一番いいですよね」

 8日にバットの素振りを開始。トレーナー陣が許可すれば、実打の打撃練習に移行する。実際の硬式球ではなく、まずは重量の軽いボールなどを打つ練習から再開する見通しだ。

 現状、数日おきにスイングをしており「(力の入れ具合は)10割かどうかは分からないですけど、それなりに振れていると思います」と順調な経過を報告した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ