フィギュア・紀平と宮原、世界選手権へ向け練習公開

 フィギュアスケート女子で、四大陸選手権を初制覇した紀平梨花(関大KFSC)と、2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪4位の宮原知子(さとこ)=関大=が15日、大阪府高槻市の関大で練習を公開した。2人は3月の世界選手権(さいたま)に出場予定。その前に今月下旬にオランダ・ハーグで開催されるチャレンジ・カップに出場する紀平は「自信をもって世界選手権に挑むためにも、オランダで良い成績を残したい」と意気込んだ。

 紀平は師事する浜田美栄コーチが見守る中、ショートプログラム(SP)とフリーの曲を流しながら、振り付けやステップなどの動作を入念にチェック。大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などジャンプの感触も確かめた。

 紀平は四大陸選手権の試合前に左手薬指を負傷。患部の状態が心配されたが、帰国後に診察を受け、試合出場の承諾を得た。この日は患部を保護する固定装具を付けて練習。世界選手権では、昨年12月のグランプリファイナル、四大陸選手権と合わせての3冠が期待されるが「装具で(練習が)やりやすくなった。毎日振り付けなどを確認して、良い演技ができるようにしたい」と語り、滑りへの影響を否定した。

 一方、10日にババリアン・オープン(ドイツ)で優勝した宮原は「順位より自分の納得する演技をしてシーズンを締めくくりたい。(世界選手権までの)1カ月でできる限り練習したい」と前を見据えた。(上阪正人)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ