世界選手権初優勝へ、紀平梨花が自己ベスト更新を宣言/フィギュア

 フィギュアスケートの世界選手権(3月20日開幕、さいたまスーパーアリーナ)で初出場優勝を目指す紀平梨花(16)=関大KFSC=が15日、大阪・高槻市の関大高槻キャンパス内の関大たかつきアイスアリーナで練習を公開。改めて自国開催の大舞台で「ショートプログラム(SP)、フリーとも自己ベストを更新したい」と誓った。

 左手薬指を亜脱臼しながら初出場Vを飾った四大陸選手権(米カリフォルニア州アナハイム)から12日に帰国。兵庫県内での精密検査などの結果を受け、世界選手権へ向けた強化の一環として計画していた、21日からのチャレンジ杯(オランダ)は予定通りに出場することを明言した。

 左手薬指は1年前に骨折した部位とあって「まだ完治はしてない」と話したが「病院でこんなものを作ってもらいました」と秘密兵器を披露。型どりしたプラスチック製の円筒状の装具で患部を保護し「また同じようなことがあっても(逆方向に)曲がることはない」と“梨花リング”で不安も解消したようだ。

 シニアデビューした今季は国際大会で負けなしの5連勝。女子では史上初となる同一シーズンでのGPファイナル、四大陸選手権、世界選手権を制する3冠達成に向け「調子を落とさず世界選手権に臨みたい」。世界が注目する16歳は「感謝の気持ちを演技で表したい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ