大谷、もう素振り再開!前倒し復帰意欲「もっと早くいく」

 【テンピ(米アリゾナ州)13日(日本時間14日)】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)が、メジャー2年目のキャンプインを迎えた。昨年10月に受けた右肘手術のリハビリ過程にあるため、全体練習には参加せず個別のメニューで調整。打者復帰に向けて、既に素振りを再開していることを明かし、5月中という球団のプランからの“前倒し復帰”にも意欲を示した。

 落ち着いた口調に着実な歩みへの自信がにじんだ。大谷が、メジャー2年目のキャンプインをユニホームではなく練習着で迎えた。右肘手術のリハビリ中のため、他の投手陣とは別メニューで調整。それでも、プロ7年目で初めて打者に専念するシーズンを前に、希望に満ちた言葉を連ねた。

 「すごくワクワクしている。今できるメニューを一日一日、しっかりこなしたい。その一歩ずつが必ず復帰につながる」

 現地時間午前7時13分に球場入りすると、正午に練習を終了。日米のメディアに対応し、午後2時頃に球場を後にした。ボールを打つメニューは許可されていないが、8日(日本時間9日)から素振りを再開したことを明かし「(力は)7、8割」と順調に強度を上げている現状を説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ