楽天・松井裕樹、石橋杏奈との“新婚生活”を語る「実はまだ…」

 昨年12月に女優の石橋杏奈(26)と結婚した楽天の若き守護神候補、松井裕樹投手(23)が夕刊フジの直撃に、新妻との出会いや“新婚生活”を語った。(片岡将)

 --ちょっと聞きたいことが

 「どうしたんですか。また変なこと聞きに来たんでしょ」

 --そんなことないです。奥さまとの新生活について

 「好きですねぇ、そういうの! いいですけどね。でも、新生活って言っても、まだ一緒に暮らしているわけじゃないんですよ。奥さんもまだ仕事があるし、自分も自主トレとこのキャンプがあって、ずっと家を空けているので」

 --となると、キャンプ終了後の初めての2人暮らしが楽しみ

 「そりゃあもう。シーズンが始まるまでに、自分の家に引っ越してくれる予定になっている。彼女はすごくポジティブな人なんです。いいときも悪いときも、家で変わらずに迎えてくれると思います。新しいシーズンに全く新しい気持ちで入れます」

 --そもそも出会いは

 「初めて会ったのは一昨年ですね。たまたま球団の方に、杏奈の友達の友達がいて。その人がキューピッドです。最初は2対2で会いました。そこで気が合ったんですよね。(ハワイでの)結婚式では紹介してくれた方にレイ(花飾り)を掛けさせてもらいました」

 --交際中は周りにバレないようにしていた?

 「それが、全然隠してなかったんですよね。隠そうと思っていたら、週刊誌に撮られたときもホテルに地下から入れましたし。普通に2人で出かけていました」

 --奥さまは福岡出身でソフトバンクファンとして有名。しっかり楽天ファンに宗旨変えしてもらったのか?

 「それはもう、もちろん」

 --もうすぐバレンタイン。チョコはもらえそう?

 「そんなん分かんないっすよ。でも、去年はちゃんともらえましたよ」

                   ◇

 照れくさそうな表情を見せつつも、来月からの結婚生活への期待に胸を膨らませる左腕。3年連続30セーブ以上を挙げた守護神も、昨季は不調から2軍落ちも経験するなど5勝8敗5セーブにとどまった。心機一転、新妻のためにもV字回復といきたいところだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ