大谷翔平、ユニホーム着用せず個別トレーニングでキャンプスタート

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)が13日(日本時間14日)、メジャー2年目のキャンプイン。昨年10月に受けた右肘のトミー・ジョン(靱帯再建)手術からのリハビリ過程のため、全体練習には加わらず、ユニホームも着用せず個別でトレーニングなどを行った。

 「すごくワクワクしている。今、できるメニューを1日1日しっかりこなしたいな、と思っていますし、その一歩ずつが必ず復帰につながると思って、ひとつのメニューを大事にやりたい」

 打者専任で臨む今季に向け現状、実打はせずに素振りのみ。8日からバットスイングを開始して今は7、8割の力でスイングすることができているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ