リーチ・マイケル、日本代表候補合宿は「フィットネスのタイム設定が早くなっている」

 ラグビーのW杯日本代表候補合宿が12日、東京・町田市で行われた。午前・午後の2部練習で、基本スキルやフィットネスを中心に汗を流した。

 この日の締めは、4色のTシャツでグループ分けされたチーム対抗のフィットネス勝負。第1クールでも行われた対決だったが、内容がマイナーチェンジ。約55分間、エアロバイクやボート漕ぎなどで争った。主将のFLリーチ・マイケル(30)=東芝=は、「(練習のテーマは)一緒、一緒。ただフィットネスのタイム設定が早くなっている」。合宿も第2クールに入り、レベルを徐々に上がってきたようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ