ソフトBの新人コンビが150キロ!D1・甲斐野「スピードだけでは…」

 ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野央投手(22)=東洋大=が12日、初めてシート打撃に登板した。153キロを計時も、打者5人に2安打を浴びて「スピードだけではないと痛感できました」とプロのレベルを肌で感じ取った。

 上林には151キロを左越え二塁打。松田には外角低めのカーブを左前へ。「投げていて楽しかった。ソフトバンクさんでよかった」と自軍の強さも実感した。

 続いて登板した同2位・杉山一樹投手(21)投手も152キロで、そろって150キロ越え。工藤監督は「2人ともよかった。いい感じできてくれているし、このままいっほしい」と期待した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ