オリックス・西村監督がトークショーで優勝宣言、金田「化けられるように」

 オリックス・西村徳文監督(59)、金田和之投手(28)、山本由伸投手(20)が12日、スポーツプラザ宮崎JERSEY前アトリウムで行われたトークショーに出席。宮崎にゆかりのある3人が参加し、約150人の観客を沸かせた。

 司会者からこの日のファッションのこだわりを問われた金田は、「一応、ダメージ(ジーンズ)で…」と切り出しながらも、あまりのダメージ具合に「(穴が)空きすぎですね、ごめんなさい」と苦笑い。司会者から「金田選手の生足が見えて、ドキドキしますね」とフォローされると、続く山本は「僕は金田さんのようなセクシーさはないので、シンプルに」とイジって笑わせた。

 トークショーの最後には西村監督が「優勝しか目標はない。若い選手が多いだけに、レベルアップしてもらって、化ける選手が多ければできると信じています」と宣言し、金田は「化けられるように。チームの勝利に貢献したい」。山本も「優勝しかない。みんなで一致団結してがんばります」と誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ