池江の東京五輪代表選考に特別猶予なし「タイムを切ることと順位が求められる」 競泳

 競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス亀戸=が12日、自身のツイッターを更新。白血病を患っていることを告白した。池江は先月18日から豪州で合宿を行っていたが、マネジメント会社が7日早期帰国を発表していた。

 日本水泳連盟の上野広治副会長は、2020年東京五輪の代表選考で池江璃について「特別な猶予は考えていない。(標準)タイムを切ることと順位が求められる」と明言した。

 池江は個人5種目の日本記録を持つ。昨年のジャカルタ・アジア大会で6冠を達成するなど成長著しく、来年の東京五輪での活躍が期待されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ