紀平梨花、黒と紫の衣装で伸びやかな舞い/フィギュア

 フィギュアスケート・四大陸選手権【アナハイム(米カリフォルニア州)10日(日本時間11日)】女子で初出場優勝を飾った紀平梨花(16)=関大KFSC=がエキシビションに出演し、黒と紫の衣装を身にまとって伸びやかなスケーティングを披露した。

 帰国後は、亜脱臼を負った左手薬指の精密検査を行い、21日からのチャレンジ杯(オランダ)出場可否を判断する。

 3月の世界選手権(20日開幕、さいたま)では、女子史上初となる同一シーズンでのグランプリファイナル、四大陸選手権との3冠を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ