西武D1・松本、剛球で山川斬り!「緊張」シート初登板でローテ入り猛アピール

 西武春季キャンプ(10日、宮崎・南郷)西武のドラフト1位・松本航投手(22)=日体大=が10日、宮崎・南郷キャンプでシート打撃に初登板した。打者5人と対戦して安打性の当たりを1本許したが、昨季の本塁打王・山川穂高内野手(27)を三振斬り。最速155キロ右腕が開幕ローテーション入りをアピールした。

 即戦力右腕が、初めてのプロの打者との対戦で能力の高さを証明した。ルーキー右腕、松本航がシート打撃に初登板。自慢の直球で昨季の本塁打王・山川を斬った。

 「『自分が投げたいボールを』と(捕手の)中田さんに言われていたので、そこはできたかな」

 1人目の金子侑には初球からボールが3つ続き「すごく緊張しました。テレビで見ていた選手なので」と初々しさを見せたが、そこから立て直して中飛に打ち取った。

 金子一も中飛に仕留めて、3人目として対峙(たいじ)したのが「憧れ。胸を借りるつもりだった」という山川だった。カウント1-1からの3球目、134キロのカットボールで空振りを誘うと、最後は「一番自信がある」という143キロの直球で見逃し三振に斬って取った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ