「必死でトライして欲しい」プレミアリーグの吉田麻也選手 立教英国学院の生徒と交流

 【サウサンプトン=岡部伸】サッカーのイングランド・プレミアリーグで活躍する吉田麻也選手(サウサンプトン)を応援しようと英国ウエストサセックス州にある立教英国学院(佐藤忠博校長)の生徒ら30人が9日、サウサンプトンのホームで行われたカーディフ戦を観戦した。

 日本代表の主将として奮戦したアジア杯から復帰した吉田選手はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。吉田選手は試合後に生徒らと交流し、高い英語力を身につけた秘訣(ひけつ)について「日本のコミュニティーから出て多くの英国人と接して仲良くなること」と明かした。

 吉田選手はまた、「みなさんにはエネルギーがたくさんある。日本でできない、英国でやれることを必死にトライしてほしい」とエールを送り、「英国で日本人が活躍して、うれしいと思っていただける存在に自分もなるよう頑張ります」と話した。

 高等部2年の柏木大毅君(17)は、生徒を代表してお礼を述べ、「英国で活躍する憧れの吉田選手と交流する貴重な体験ができたので頑張りたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ