体操・萱が大学院進学、学問との二刀流で東京五輪目指す

 体操の男子日本代表で、昨年の世界選手権(ドーハ)で団体総合銅メダルを獲得したメンバーだった萱和磨(かや・かずま、22)=順大=が、同大大学院に進むことが10日、分かった。

 萱は同日、4月に入社するセントラルスポーツが千葉・浦安市で行った新体制発表会に、ともに入社する同期で世界選手権代表の谷川航(22)、ジャカルタ・アジア大会代表の千葉健太(22)=ともに順大、前野風哉(22)=鹿屋体大=らと出席。報道陣との質疑応答の中で大学院進学を明かした。

 スポーツ健康科学専攻で、体操の技術の科学的解明を目指す。社会人選手として技を極めるとともに学問も究める考え。目標とする東京五輪を終えてから学業に専念する道もあったが、「一度、学業から離れたら戻れないと思った」とした。

 練習拠点は今後も千葉・印西市の順大だが、既に体操部の寮を離れ、一人暮らしを始めている。「東京五輪に向けて、まずは今年の世界選手権(10月、ドイツ・シュツットガルト)が大事」と、世界での活躍に照準を合わせる。また、「頼もしすぎる同期や先輩と一緒にセントラルスポーツとして日本の体操界を引っ張っていけるよう、頑張りたい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ