DeNA・上茶谷、“番長カーブ”に挑戦中

 DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手=東洋大=が沖縄・宜野湾キャンプの9日、ブルペン投球を行った。

 現在、スローカーブを習得中であることを明かした。「大学時代から試行錯誤しています」という“課題球”だが、この日は現役時代にカーブを武器として三浦投手コーチから「(球を)抜こうとしすぎて肘が下がっている。肘を下げずに我慢して、前で球を離す」という金言を授かり、挑戦した。

 上茶谷の理想とするスローカーブは相手打者のタイミングを外して、カウントを整えるもので、「頻繁には投げず、打ち気をそらす」のが狙いだという。それでも、まだ習ったばかりで「これから投げ込んでいかないと、このままでは使えない。バッターに投げてみて反応をみてみたい。だめだったら諦めて、今の持ち球に磨きをかけていこうと思います」と現時点での自己評価は厳しかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ