DeNAドラ1・上茶谷は凄え!正捕手候補3人が絶賛 戸柱「ホンマもんですわ」

 DeNA春季キャンプ(5日、沖縄・宜野湾)DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手(22)=東洋大=が5日、沖縄・宜野湾キャンプで今キャンプ自己最多の60球をブルペンで投げ込んだ。第1クール最終日とあって自身は「バテました」と言いつつも、球を受けた戸柱恭孝捕手(28)は「ホンマもんですわ」とほれぼれ。すでに受けた伊藤光、嶺井の両捕手も高く評価しており、今年もDeNAの新人投手はすごそうだ。

 ブルペンに、心地よい音が響く。上茶谷の指先から放たれたボールは、一直線に戸柱のミットに吸い込まれた。

 「戸柱さんのキャッチングがすごい。自分の球が伸びているように取ってくれる。気持ちよくなって、多めに投げてしまいました」

 当初は過去2度と同じ40球を予定も、戸柱に乗せられて60球を投げた。投手の基本線となる内角、外角の低めへオール直球。最速152キロを投げた学生時代より「コースも高低も狭い」と感じているプロのストライクゾーンを意識して、腕を振り続けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ