紀平が左手指痛め不安げ フィギュア四大陸の公式練習

 欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)に米アナハイムで開幕し、男女のショートプログラム(SP)が行われる。5日は公式練習が始まり、女子で16歳の紀平梨花(関大KFSC)は「(3月の)世界選手権で完璧な演技をするためにも落ち着いた滑りができるようにしたい」と抱負を語った。

 紀平は2度の公式練習で大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を計12本決めるなど好調ぶりをうかがわせたが、練習終盤に3回転ルッツで転倒した際に左手薬指を痛め、「突き指だと思うけど、結構やばい。(痛みが)ひいてくれたらいいけど」と不安げな表情を見せた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ